未経験のシステムエンジニアの志望動機とは

システムエンジニアの忙しさは多くの業種の中でも突出したものです。仕事内容としては、クライアントから依頼を受けてシステム開発の設計図を作り、必要なエンジニアを集めて作業にあたることです。その進行やクライアントとの折衝、さらには納品後の品質チェックと多岐にわたってすべきことがあります。エンジニアとしてのスキルに加えて、リーダーシップも求められるのでオールマイティな能力が求められます。業界の中でも人材不足が課題となり、求人募集も常時行われています。

さらにその忙しさによって、ある程度の年齢になると体力的についていけない現実もあります。そのような中で、未経験者の求人への応募も多くなっています。その志望動機としては、ある程度の収入が得られることと、元々高いビジネススキルを持つ人が、その能力を活かしたいと考えるケースが多く見られます。業界でも外部からの未経験を積極的に取り込む姿勢が増えるようになっています。

と言うのも、エンジニアは元来技術偏向で、マネジメントなどといった管理にあたる職務には興味を持つ人が少ないことが挙げられます。積極的にリーダーシップやビジネススキルを身につけようという人材も少なく、そのためにシステムエンジニアの数が足りないわけです。とは言え、プログラミングなどの経験やスキルを持たない未経験者がプロジェクトを指揮することにも課題はあります。その点において技術的な教育をどのように行うのかが課題となっています。